サービス Service

サービス

ホーム > 会計コンサルティング
ACCOUNTING

会計コンサルティング

企業経営の根幹となる会計・税務に関して、公認会計士・税理士が専門的な観点からアドバイスを行います。


会計処理・開示コンサルティング

経営者が企業実態を把握するためには、会計処理が適切に行われる必要があります。また、適正な企業内容の開示は、金融機関・外部株主に対しての信用力を高める対策としても有効な手段となります。
弊社グループでは、企業結合会計、金融商品会計、固定資産減損会計、リース会計、退職給付会計、といった制度会計に基づく会計処理に関する指導及び会社法・金融商品取引法等に基づく制度開示体制の支援・指導を行います。


グループ経営コンサルティング

企業規模が拡大し、新会社設立、M&A等でグループ会社が増加すると、新会社によるグループ各社のコントロールが困難になり、グループ全体の状況が容易に把握できなくなってきます。特に、多数の海外拠点・子会社を持つ会社ではその傾向が顕著になります。弊社グループでは、グループ経営のためのセグメンテーション・連結決算体制・連結ベースでの資金管理、予算管理体制の構築支援・指導を行います。


利益管理体制構築コンサルティング

経営に使用する会計数値は、より迅速に、より正確に集計される必要があり、そのためにも利益管理体制を整備・充実することが不可欠です。「迅速」とは、月次決算を10日前後、速報ベースならば5営業日程度で確定することができる体制です。「正確」とは、従業員による不正を防ぎ、一定のルールに従った処理に基づいて会計数値が作成される体制です。
弊社グループでは、企業経営に資する会計数値を把握するための利益管理体制を改善指導し、透明性のある会計数値が適時、正確に集計される体制の構築を支援いたします。


J-SOXコンサルティング

内部統制の評価・監査(いわゆる「J-SOX」)に対応するための業務の見直し・文書化には相当な時間を要します。その対応には、以下の作業が必要です。

  1. 実際の業務の流れを確認し、これを見直すことで内部統制の整備を行うこと。
  2. 業務フローチャート・リスクコントロールマトリックス等の必要書類を作成すること。
  3. 実際に運用し、内部統制が有効であることを継続的に評価すること。

これらに対応するためには、社内の人員で専任的な内部統制プロジェクトチームを結成し、全社的にも意識改革を行うことが重要となります。内部統制の評価が上場会社に必要不可欠で継続的な取組みになることを考えると、最終的には社内の人材のみで取組むことのできる体制作りが望まれます。そのような人材を早期に育成するためには、外部専門家を利用することが非常に効率的かつ有効な手段です。
弊社グループでは、J-SOX支援経験のある公認会計士を中心として、内部統制の評価制度の構築を支援いたします。


財団法人設立コンサルティング

企業のオーナーにとって、社会貢献、安定株主対策、事業承継対策を検討するにあたり、財団法人の設立が非常に有効となる場合があります。
弊社グループでは、財団法人設立にあたりクリアすべき課題の洗い出しを実施したうえで、オーナーにとって最適なスキームを提案します。また、事業計画・趣意書の策定、財産目録の作成や新公益法人会計基準に準拠した計算書類の作成支援等のサービスも提供いたします。


任意監査

法律で監査を受けることが義務付けられていない会社であっても、金融機関や取引先に対して信用力を高める手段として、株主や経営者の判断で企業が作成する財務諸表の適正性の評価を外部の専門家に委ねることがあります。また、近い将来に株式公開を予定している会社が、自主的に監査を受けることは法定監査の前段階として非常に有効であると考えられます。
弊社グループでは、このような財務諸表に信頼性を付与するための監査のみならず、監査の過程で内部統制の状況や効率的な経営が行われているかの助言も合わせて行っております。